一般社団法人岩見沢青年会議所 2022年度 理事長指針 理事長 嵯峨 輝幸

【未来を、今ここでつくる】

 「be better(よりよくあれ)」この言葉は、世界に拡がる青年会議所活動に根付く理念である。現代社会は新型コロナウイルスや今後本格的に顕在化する人口減少等の諸課題を抱えている。先の見えない社会だからこそbe betterの想いをもって、一つ一つの問題を乗り越え明るい豊かな社会を築くことが重要である。

 

【地域の若者がもつ力を最大化する組織】

 私はJCI岩見沢という団体のために個人が存在するのではなく、個人が成長するためにJCI岩見沢が存在すると考えている。この成長を持続可能なものとするため、またより強力な環境とするために組織拡大が必要である。どのような人にどのような方法でJCI岩見沢を理解してもらう必要があるかを思案する過程にこそ、個人と団体における大きな成長の機会があると考える。そして何より大切なことは考えただけではなく、実際の組織拡大に向けた行動が必要不可欠だ。この行動を継続的に行い続けることを最も尊びたいと考える。また各個人が拡大対象者に対してJCI岩見沢に対する理解を拡げるだけではなく、求められる組織として成長し続けるために必要な知識の習得や組織変革を提言できる仕組みを創出する。

 

【未来への想いを共有できる仲間】

 新型コロナウイルスの影響により、各個人がもつコミュニケーション能力の有無が炙り出される結果となったことは間違いない。しかし、まちづくりを行う我々は、それぞれの未来に抱く想いでつながっている。個別に抱く未来は千差万別であるが、自らが成長し自らの力を活かすことで明るい豊かな社会を築こうとする想いは変わらない。同じ未来を描く仲間の想いや人となりを理解することが、自らの視野を広げる。JCI岩見沢に入会してからの経験年数に関わらず、メンバーそれぞれがこれまでに培ってきた知識や経験を活かすことができる組織を目指す。JCI岩見沢における活動を通して、地域や自らへの想いを深める交流を実現する。

 

【狭い北海道と広い岩見沢】

私はJCIにおける活動を通して、自らが住む岩見沢と北海道に対する意識の変革があった。田舎で何もない狭い所と感じていた岩見沢は、知れば知るほど興味の惹かれる場所だった。また果てしなく広いと感じていた北海道は様々な地域へ赴き体感することを通して、心理的距離が近く感じられるようになった。長年同じ場所に住んでいても知らないことは多く、今この瞬間も新しい出来事は生まれている。我々はこの未知をはじめとした新たな出来事に触れるだけではなく、自らが新たなものを創り出す必要がある。それは今までにない画期的なものを創出するということではなく、今までとは異なる仕組みや視点を市民とともに見つけていくことである。長い年月をかけて育まれてきた岩見沢には、まだまだ市民や市外の人へ誇る宝物が眠っている。

 

【異なる文化を有する団体に学ぶ】

 我々が住み暮らすまちにはJCI岩見沢以外にも、多くの団体が存在する。それぞれ異なる文化をもち、団体の理念に沿った活動を行っている。これらの団体と触れ合い、JCI岩見沢だけでは成しえない想いや活動を取り入れる機会を創出する。そのことにより自らが抱く未来への視野が拡がり、行動する時の選択肢を増やすことにつながる。また異なる文化に触れることで、自らの団体が行う活動を再認識することが重要である。個人や地域を活かすために異なる団体と連携を行い、自らや自らの団体における成長につなげる。岩見沢では年間を通して数多の祭りが催されている。まちが活気づく機会を活かし、住み暮らす市民や地域へのワクワクを最大化する。このことが多団体との連携を深め、相互に有益な地域活動を行えると考える。

 

【第71回北海道地区大会の開催】

1956年に、JCI岩見沢は設立された。その後にJCI岩見沢をスポンサーとして1962年にJCI美唄、1969年にJCI栗山とJCI夕張が設立された経緯がある。この4つの青年会議所は50年以上の歳月をかけて互いに協力し合うことで、それぞれの地域に貢献してきた絆がある。本年開催する第71回北海道地区大会を我々が主管するにあたり、今まで結んだ絆を最大限に活かした広域連携を行う。この広域連携を活かすことで、例えば人数が乏しいと思われる青年会議所であっても大きな事業を行える自信と実績を創ることをはじめとした新たな挑戦心を北海道地区全体に創出する。

 

【踏み出すべき一歩を、踏み出す】

 私が行動する時に重視することは、成長である。JCI岩見沢における行動も、一つ一つが成長につながると信じている。成長には決断が必要だ。迷いのない決断なんて、限られている。JCI岩見沢は、これまで多くの決断とともに成長してきた。そして今、その決断と成長のバトンは我々に託されている。自らの貴重な身体とお金と時間を使い、迷いながらもJCI岩見沢で活動している尊い仲間がいる。その仲間とともに未来に向けた一歩を、どうか迷いながら決断していきたい。

画像1.jpg